分けることが大事

セフレとはセックスフレンドの略ですから、文字通り、セックスを楽しむためにつながっている男女関係です。
世間一般の考え方からすれば、セックスは好きな相手、恋人とするのが理想であり、セックスのためだけに付き合うというのはあまり公にできることではありません。
実際、「セフレ」という言葉に抵抗感、嫌悪感を感じる人も多いでしょうね。

セフレと恋人はやはり違いますから、お互いにセフレとして心地よく付き合っていくためには、気をつけないといけない点もあります。
それはやはり、「線をきちんと引くこと」です。
恋愛で繋がっている恋人と違い、セフレは所詮身体の関係を楽しむための繋がりでしかありません。それ以上を求めないからこそのセフレなのですから、お互いに相手に深入りしすぎないように気をつける必要があります。

特に、自分・もしくは相手に、セフレの他に本命の相手がいる場合は、その辺りを情で流されてなあなあにしてしまうと後々ややこしいことになります。

セフレというのはセックスだけで繋がった関係ですから、恋人や普通の友人関係以上、あっさりと関係が終わってしまうこともあります。

少し連絡をとらなかったら、そのまま自然消滅、などというケースも珍しくないでしょう。
お互いに本命の相手が居なかった場合、セフレとしての付き合いを続けているうちに恋愛になるケースもたまにありますが、ほとんどの場合は一時的な関係で終わってしまうことでしょう。
ですから、あまり夢中になりすぎないようにした方がいいのかもしれません。

ただ、セフレだから相手を好きになってはいけない、恋愛相手として意識してはいけない、ということはありません。

ただ、それにはお互いにそういう意識が持てるかどうかがまず重要です。
特に、相手に別に恋人がいる場合は、その相手を差し置いて自分が恋人に……というのはかなりハードルが高いと思っていいでしょう。

別に恋人が居る場合は、「セフレは所詮セフレだから」と相手の中ですでに位置づけが決まっていることが多いのです。

セックスだけの付き合い

裕福な人をヤリ友にした…そんな付き合いが出来たのはいいが、どこに出かけたらいいのかわからない。
お金もあまりないといった人もいるかも知れません。
ヤリともですから普通はセックスだけの付き合いです。

相手も肉体関係以外にまであまり干渉してほしくないのかもしれません。
どこかに食べに行って、ホテルにいきおしまいといった感じでいいと思います。
ではどこに食べに行けばいいのかということについて考えていきましょう。
いわゆるセレブという人たちといける飲み屋などを話しますので、これを見てセレブとおの付き合いを充実させてください。

相手が何も言わない場合、うるさい場所が嫌いだと知っている場合を除いてですが、ある程度騒がしいところでもいいと思います。
本命の恋人ではないので、雰囲気がどうのとかんがえるひつようがありません。
友達感覚でいけるばしょでいいと思います。
居酒屋やバーなどでよくて、もっとちゃんと飲むようなところだと恋人のような付き合いになるのです。

ですから軽い感じで飲める場所ならなんでもいいと思います。
ついでに食事も取れるようなそういうので。
軽食も取れる居酒屋などはおすすめですね。
バーはそこそこムードがいいので、静かな場所がいいとわかっている人とならこちらのほうがいいかもしれません。

まぁ気になったら本人に、うるさい場所でもいいか、静かな場所のほうがいいかと聞いてみればいいのですが。

両方とも飲める場所で、軽くよった状態ならその後のホテルでいいかんじになれるのです。
気分もいいでしょうから雰囲気もよくなりますし仕事のストレスがたまった週末などはこういう感じの付き合いをしてみてもいいでしょう。

ヤリ友は本命ではないですから、試行錯誤してお互いに気分のいい付き合い方を探してください。

この関係はいつまで続くのか

セックスフレンドは、作るのも大変ではありますが、その関係を続けていくのもまた大変だったりします。

これがたとえば恋人であれば、お互いの間には相手を大切に思う気持ちや共有してきた様々な思い出、様々な感情があります。
だからこそお互いを思いあう気持ちが強いほど、簡単には壊れないものです。

しかし、セックスフレンドには、そうした関係を繋ぎとめて強固なものにする『絆』となるものがありません。
セックスフレンドという付き合いにおいて、お互いの関係を結びつけるものは、セックスの快楽しかないからです。
ですから、セックスフレンドという付き合いは、お互いがその関係に飽きてしまったら簡単に終わりになってしまう可能性も孕んでいるのです。

そしてセックスというのは、同じ相手との行為を繰り返して行くうちに、どうしても新鮮さや刺激がなくなり、興奮を感じなくなるものです。
ですからセックスフレンドとの付き合いが長くなるほど、その関係は楽しく感じなくなり、退屈なものに感じられるようになります。

そもそもセックスを楽しみたい、刺激が欲しいからこそセックスフレンドになったわけですから、それが感じられなくなったら、付き合っている意味がない。
……というわけで、終わりにしましょう、ということになるわけですね。
ですから、恋人と比べてもセックスフレンドの付き合いというのは長続きせず、あっさりと終わってしまうことが多いのです。

恋人と違い、セックスフレンドはそもそも相手を縛るようなものがない付き合いですし、それこそがセックスフレンドのメリットでもあるわけですから、お互いに、あるいはどちらかが「もういいや」と思ってしまったら、そこで終わりです。

しかしお互いに「情」を持たずに割り切った付き合いがセックスフレンドの基本なわけですから、関係が終わりになったとしても相手に未練を感じることはあまりないのではないでしょうか。

よほど相手の身体と相性が良くて、極上の快楽が得られる相手だったなら、手放したくない、と考えることもあるのかもしれませんが……。