分けることが大事

セフレとはセックスフレンドの略ですから、文字通り、セックスを楽しむためにつながっている男女関係です。
世間一般の考え方からすれば、セックスは好きな相手、恋人とするのが理想であり、セックスのためだけに付き合うというのはあまり公にできることではありません。
実際、「セフレ」という言葉に抵抗感、嫌悪感を感じる人も多いでしょうね。

セフレと恋人はやはり違いますから、お互いにセフレとして心地よく付き合っていくためには、気をつけないといけない点もあります。
それはやはり、「線をきちんと引くこと」です。
恋愛で繋がっている恋人と違い、セフレは所詮身体の関係を楽しむための繋がりでしかありません。それ以上を求めないからこそのセフレなのですから、お互いに相手に深入りしすぎないように気をつける必要があります。

特に、自分・もしくは相手に、セフレの他に本命の相手がいる場合は、その辺りを情で流されてなあなあにしてしまうと後々ややこしいことになります。

セフレというのはセックスだけで繋がった関係ですから、恋人や普通の友人関係以上、あっさりと関係が終わってしまうこともあります。

少し連絡をとらなかったら、そのまま自然消滅、などというケースも珍しくないでしょう。
お互いに本命の相手が居なかった場合、セフレとしての付き合いを続けているうちに恋愛になるケースもたまにありますが、ほとんどの場合は一時的な関係で終わってしまうことでしょう。
ですから、あまり夢中になりすぎないようにした方がいいのかもしれません。

ただ、セフレだから相手を好きになってはいけない、恋愛相手として意識してはいけない、ということはありません。

ただ、それにはお互いにそういう意識が持てるかどうかがまず重要です。
特に、相手に別に恋人がいる場合は、その相手を差し置いて自分が恋人に……というのはかなりハードルが高いと思っていいでしょう。

別に恋人が居る場合は、「セフレは所詮セフレだから」と相手の中ですでに位置づけが決まっていることが多いのです。

More from my site

  • この関係はいつまで続くのかこの関係はいつまで続くのか セックスフレンドは、作るのも大変ではありますが、その関係を続けていくのもまた大変だったりします。 これがたとえば恋人であれば、お互いの間には相手を大切に思う気持ちや共有 […]
  • セックスだけの付き合いセックスだけの付き合い 裕福な人をヤリ友にした…そんな付き合いが出来たのはいいが、どこに出かけたらいいのかわからない。 お金もあまりないといった人もいるかも知れません。 ヤリともですから普通はセック […]